[酵素スムージーの飲み方] 断食ダイエットの実践・続けやすい方法

 

酵素スムージーの選び方のポイント

 

酵素スムージーダイエットを開始する前に、飲む酵素スムージーを選ぶ大切なポイントを外してしまうと痩せることが難しいです。

 

 

生酵素が使われている酵素スムージー

 

酵素スムージーでも、生きている酵素が配合されているものを選ぶのがポイントです。酵素は生きていてこそ効果を発揮しやすい成分なので、販売されている時点で死んでしまっている酵素を摂ってもあまり意味がなく、それはただのスムージーです。

 

低温・非加熱処理で作られた酵素スムージーがポイント

 

酵素は熱に弱いという性質を持っています。逆にいえば、熱をかけずに作られた酵素スムージーであれば生きた酵素が加わっているということです。

 

生きている酵素であれば商品のホームページや、パッケージなどに低温処理で作られていることが解説されているはずです。

 

 

お腹でふくらむスムージーを選ぶ | とろみで満腹感アップ

 

酵素スムージーで置き換えダイエットを続ける上で大事なのが、スムージーによる満腹感の持続性です。

 

ダイエット開始前は、普通に食べていた食事をいざ酵素スムージーに置き換えて他は何も食べないというのを続けるのは、実際やってみるとかなりツライという人も多いです。

 

そこでポイントになるのが、スムージーの飲みごたえと腹もちの良さ。

 

酵素スムージーの中には、水に溶かしただけでドロっとした状態になり、飲みごたえがしっかりしたもの。さらに、お腹の中の水分を吸って膨らみ、腹もちをよくしてくれるものがあります。

 

置き換えダイエットを続けて痩せるためにも、「膨らむ成分が加わっている」というポイントを外さないようにしましょう。

 

カロリーの低い酵素スムージーを選ぶ

 

酵素スムージーを選ぶポイントで、これも外してはいけないポイントです。市販で売られているスムージーの中には、ダイエット目的ではなく、栄養を摂る意味でのスムージーも販売されていることが多いです。

 

砂糖や果糖、ショ糖などがふんだんに使われているスムージーは、糖分が多くカロリーが高くなってしまいます。

 

ダイエットしたいのに、高糖質&高カロリーのスムージーで置き換えをするのは矛盾していますし、効果も感じにくいです。

 

酵素スムージーのカロリーの1食あたりの目安としては、30kcal程度までに抑えられているものを選ぶのがオススメです。

 

酵素スムージーダイエットのやり方は期間によって調整する

 

酵素スムージーの置き換えダイエットは、自分が痩せたいと思う体重や、どのくらいまでに痩せたいのか?という期間によって調整がしやすい方法です。

 

例えば、1ヶ月で5kg減のような短期間でかなり見た目も変化する短期間ダイエットや、3ヶ月程度で5kg減を無理なく目指すダイエットなど、自分に合ったスタイルを選ぶことができます。

 

短期間で痩せる飲み方・やり方

 

 

 

長い期間で無理なく痩せる

 

 

太らないダイエット・予防的な活用方法

 

酵素スムージーの飲むタイミング・効果的な飲み方

 

酵素スムージーは、飲むタイミングによって効果の実感度が変わってきます。

 

また、その人のダイエットプランによっても飲み方は違いますが、以下のような方法がおすすめです。

 

短期間痩せは夜の置き換えがおすすめ

 

「2週間で5kgくらい落としたい!」

 

こんな気持ちで短期間ダイエットを目指している女性には、夜に置き換えするのが必須です。しかし、昼と朝にがっつりカロリーの高い食事をしているのであれば別ですが、時間に余裕のある夜に多くの人は糖質の多い食べ物を摂っているはずです。

 

夜の食事を酵素スムージーに置き換えて、早くに寝てしまえば空腹も我慢できるはずなので、短期痩せの女性にオススメです。

 

※ただし、夜に置き換えするストレスから、間食が多くなっては意味がありません。

 

週末プチ断食で数日・全食酵素スムージーに置き換え

 

 

 

間食防止・食べ過ぎ防止に酵素スムージーを飲む

 

 

リバウンドしない飲み方